Traveling Research Laboratory

旅するリサーチ・ラボラトリー -フィールドワークと表現ー

About Traveling Research Laboratory 2014 - Fieldwork and Outcome

近年、アートの現場において、アーティストによるリサーチをもとにした様々な作品が制作され、フィールドワークという言葉も本来の学術的な枠を越えて定着しつつあります。このラボでは、フィールドワークをベースとした作品を制作・発表しているアーティスト、mamoruと下道基行が、デザイナー丸山晶崇や公募により選出されたリサーチ・アソシエイトと「旅するリサーチ・ラボラトリー」を結成。6月後半~8月初旬の約2ヶ月にかけて、作家や研究者だけではなく、独自のフィールドワーク的手法とアウトプットを実践している方々を訪ね、インタビューを行い、そのリサーチの過程を1つの旅としつつ、フィールドワークと表現の可能性について検証しました。

■リサーチ日程:2014 年6月28、29日、7月1日、7月15日、 7 月 24 日〜 8 月 1 日、8月8日

■企画・監修:mamoru、下道基行

■デザイン:丸山晶崇

■リサーチ・アソシエイツ:加藤和也、山崎阿弥、ジョイス・ラム

※1856kmの移動の軌跡と取材先を記した地図、成果報告会をもとにしたテキスト、行動記録をまとめ、リサーチ成果物としました。上記のリンクからpdfデータをダウンロードできます。


編集協力|影山裕樹、ヘメンディンガー綾、伊藤由実、茂木久美子
デザイン|丸山昌崇[circle-d]
発行|公益財団法人東京都歴史文化財団 東京文化発信プロジェクト室

 取材先

※敬称略

6月16日(月)

原田 マハ

小説家

*インタビュー取材

 

 

6月28日(土)

高橋 裕臣

オフィスHIT代表
テレビ番組リサーチャー

*インタビュー取材

 

 

6月29日(日)

高山 明

PortB
演出家

*インタビュー取材

 

 

7月1日(月)

小泉 文夫 / 小泉文夫記念資料室

民族音楽学者 
*故小泉氏に関する資料の解説などを通じた取材

 

武蔵野美術大学民俗資料室

*資料展示の取材

 

 

 

7月15日(火)

工藤 員功

竹民具研究者

*インタビュー取材

 

 

7月25日(金)

松村 久

マツノ書店店主

*インタビュー取材

 

日本ハワイ移民資料館

*資料展示の取材

 

宮本 常一 / 久賀民俗史料館、周防大島文化交流センター

民俗学者

*故宮本氏に関する展示、資料の解説を通じた取材

 

 

7月26日(土)

神谷 幸江

広島市現代美術館チーフキュレーター

*インタビュー取材

 

 

7月28日(月)

野島断層保存館

*資料展示の取材

 

 

7月30日(水)

林 周作

郷土菓子研究家

*インタビュー取材

 

キリシタン遺物史料館

*資料展示の取材

 

町野 珠美

カレー屋ヌンクイ

*インタビュー取材

 

川瀬 慈

映像人類学者

*インタビュー取材

 

 

8月1日(金)

青野 利光

エディトリアルデパートメント代表
雑誌「Spectator」編集長

*インタビュー取材

 

 

8月7日(木)

石井 忠

漂着物研究家

*インタビュー取材

 

 

8月8日(金)

丸山 健太郎

丸山珈琲 代表取締役

*インタビュー取材